斜面の草刈を安全にする器具 土手歩きの販売
斜面歩行器具「土手歩き」の開発。商品化をしました。土手や法面の草刈作業で、毎年滑落事故が起きています。

被災地においても、除染を含む草刈作業は続けなければなりません。斜面の草刈作業で、滑落事故防止としてスパイク付長靴や地下足袋・外付けタイプの滑り止めなどがありますが、滑落事故の大きな原因の一つは足首が曲がることにあります。

足を水平に保つことにより、足首の曲がりがなくなり事故を防ぐことができ、被災地での除染を含む草刈作業の安全に貢献できます。

設立日
平成24年9月6日
住所
〒970-8043
福島県いわき市中央台鹿島二丁目19-6
電話
0246-68-7011
Webサイト
http://www.kusakari-rab.com/
Facebook
https://www.facebook.com/kunihiko.demura
Youtube
土手歩き紹介動画
土手歩きお役様の声

プラン名「草刈機を使った草刈作業を効率よく安全にするための事業」で起業支援対象者に採択された出村邦彦さんが、イーハトーブ合同会社を立ち上げ、斜面の草刈を安全にする器具、土手歩きの販売を開始しました!

草刈り作業は、草刈り機を使った平地での作業でもなかなか大変です。斜面となるとさらに作業が難しくなり、体にかかる負担も、危険度も大きくなります。

原発事故後、町内会での活動や学校・公園などの公共施設でも、除染作業の一環として草刈りをするところが増えています。除染作業での草刈りは一回では終わりません、同じ場所を数回にわたり作業してくことになります。

そんな、身近にあって危険の高い斜面での草刈り作業を効率よく、安全にするための器具・それが出村邦彦さんの開発した「土手歩き」です。土手歩きは靴に簡単に取り付けることができ、しっかり地面と噛み合い体を水平に支えます!体が安定し、足、及び腰にかかる負担が軽減するので、活動がより自然に、効率よく安全に行えます!

土手歩きは20度から45度程度の勾配に対応しています。土手歩き本体には5年間の完全保障があるのも魅力です。
辛い斜面での草刈り作業にお困りの方、ぜひご検討ください!


大きな地図で見る